« 京都・左京区(栄盛湯) | トップページ | 京都・亀岡市コスモス園 »

2005年9月 6日 (火)

京都・八幡市松花堂(オミナエシ)

オミナエシで有名な松花堂庭園です。
住所は京都府八幡市八幡女郎花43・ミュージアムショップ名「おみなえし」・庭園内には「女郎花塚」がありオミナエシ(女郎花)一色です。女郎花塚があるぐらいですから昔ここ周辺は一面オミナエシ畑だったのかな…?

Nikon D100・TAMRON 90mm F2.8 Macro
050906-1

|

« 京都・左京区(栄盛湯) | トップページ | 京都・亀岡市コスモス園 »

コメント

オミナエシという言葉は古典で聞いてたけど、今年になってどういうものかわかったり…(笑)。
三川合流地帯は探せばまだまだ隠れスポットがありそうですねぇ(笑)。

投稿: nissin71 | 2005年9月 6日 (火) 20:14

>nissin71さん
ここ周辺は田畑が多く自家栽培のオミナエシを見ることはできるのですが…
隠れスポット…ありそうですね(笑)今度、散策してみます(^^

投稿: hashi34 | 2005年9月 6日 (火) 20:46

随分と昔の話です。
頼風に纏わる悲恋が、ここ八幡の涙川(今は存在しないということでしたが…)に伝わっていたと聞きます。
女郎花が咲き匂う放生川で頼風は己を果敢なんで入水して果てたとも…。昭和49年「涙川女郎花」という詩を書き、鈴木丈夫氏が曲をつけてレコードになったことがありました~夕日赤々咲く女郎花 薄い運命に怯えて匂う
 今でも私のなかに生き続けております。

投稿: Masatoshi Sekiguchi | 2010年10月13日 (水) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120999/5815185

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・八幡市松花堂(オミナエシ):

« 京都・左京区(栄盛湯) | トップページ | 京都・亀岡市コスモス園 »